<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ふぅ・・

急に暑くなったのと、なんだか気忙しいのとで、
夕方あたりからバテてしまいました・・。

体調管理、もっと気をつけなくてはー。
[PR]
by nanaismM | 2006-06-28 19:21

口笛を吹きながら

昨晩は、NHKの「トップランナー」を見ていました。
ゲストはmina perhonenのデザイナー・皆川明さん。

皆川さんのお洋服はやはり素敵だなぁ。
とてもとても高くてなかなか買えませんが・・。

印象に残ったのは、
電信柱をモチーフにした素敵なウール地のお話。

表は濃いグレーなんですが、裏側が意外にもぱっと目を引く黄色なのです。
それは洋服に仕立ててしまえば見えなくなってしまう部分なのですが、
何年、何十年、それこそ子や孫の世代まで譲り受けられたとき、
生地が擦り切れて裏側の黄色がちらっと顔をのぞかせる。

着ている人は、「ああ、裏にこんな色が隠れていたのかー」と小さな発見をする。
そんな様子を想像しながら、裏側の色を決めたのだそう。

そんな風に、一つの服を長く長く着てもらうことを、常に考えていらっしゃるそうです。

ものすごーく穏やかな口調と、一つのポリシーを貫き通す熱い内面。
一見相反するようなそんな印象も、
「口笛を吹きながら疾走する」が生き方のテーマだとおっしゃる話を聞くと
なんだか妙に納得できてしまうのでした。
[PR]
by nanaismM | 2006-06-26 16:27

バッグ1点UP

e0039937_18541445.jpg


新作バッグを1点、UPいたしました。

今回は開き口をきんちゃく型にしてみました。
一度やってみたかったデザイン。

縫う順番がちょっとややこしかったですが、
また作ってみたいシリーズです。

handmade shop ・ n a n a i s m ・
[PR]
by nanaismM | 2006-06-22 18:58

アリエール

アリエールのCMが好きです。

草なぎ君は、普通の役が上手だなぁ。
普通の役を普通に演じられる人って、すごいなぁと思います。

映像のやわらかい色合いも良いし、
家の作りも素敵です。
そして洗剤の効能をあまり強調し過ぎないところも、いいなぁと思います。
[PR]
by nanaismM | 2006-06-22 13:31

撮り直し

新作のバッグをUPする準備を進めていたのですが、
雨の日の薄暗い時にあわてて写真を撮ったので
できあがりがいまいち・・。
今日もう一度、写真を撮り直しました。

相変わらずモタモタしております。
[PR]
by nanaismM | 2006-06-20 19:05

砂丘つながり

最近、テレビの音楽チャンネルで
EGO-WRAPPINの「Mother Ship」という曲をよく見ます。
(こちらのページの下の方で視聴できます)

砂丘のような場所で、バンドメンバーが歌ったり演奏したりしているもの。
ざらっとした粗い画質が印象に残ります。

これを見ていると必ず思い出すのが、
写真家・植田正治さんの作品。
砂丘にて撮影された、一風変わった構図の作品をたくさん残されています。

植田さんの作品に影響を受けた人はきっとたくさんいるはず。
以前も、「あ、植田さんぽい」と思う映像や写真を見たことが何度かありました。

植田正治さんの作品は、こちらでいくつか見ることができます。
興味のある方は、「WORKS」のところからどうぞ。
-植田正治写真美術館-
[PR]
by nanaismM | 2006-06-16 19:53

イライラ・・

最近、父が使っていたPCを受け継いだのですが、
Windows Media Playerがなかなかうまく動かず、
何日も前からいろいろといじっていました。

数えきれないほど検索しまくり、インストールし直しの繰り返し。
それでもちっとも動かないので、
「キー!!もうダメだー!!」と爆発しそうになっていたところ、
先ほど急にスムーズに動くようになりました・・。

結果的には良かったですが、
何をどう動かしたのか分からず、
なんだかモヤモヤが晴れません・・。

さて。

今日は新しいバッグを1つ縫い終わりました。
近いうちにUPしたいと思っています。

その後も作りたいものが山積み。
・・がんばります。
[PR]
by nanaismM | 2006-06-15 20:03

リズム

今は、村上春樹さん・柴田元幸さんの対談集「翻訳夜話」を読んでいます。
お友達が貸してくれたもの。

まだまだ最初の方なのですが、
春樹さんはよく「リズム」という言葉を使ってお話しされています。

「文章にとって一番大事なのは、たぶんリズムなのだと思う」というようなこと。
また、「文章っていうのは人を前に進めなくちゃいけないから、
前のめりにならなくちゃいけないんですよ」ともおっしゃっています。

私は時々、本を音読してみることがあるのですが、
中でも一番、どこまでもどこまでもスルスルとよどみなく読めて驚いたのが、
村上春樹さんの小説でした。

「翻訳夜話」を読んで、その謎が少し分かったような気がして
なんだかうれしく思いました。
[PR]
by nanaismM | 2006-06-11 12:50

ブックカバー

e0039937_1254940.jpg


写真は、先日お友達から注文を受けたブックカバー。

「新書のサイズで」というリクエスト以外はすべておまかせだったので
ドキドキしながら作りましたが、
とても気に入ってもらえたようでよかったです。

木の刺繍は、自分でもちょっとハマってしまいました。
冬の木・春の木・小枝など、
バリエーションを増やしていきたいなぁと思っています。
[PR]
by nanaismM | 2006-06-04 12:59